平成17年度 社団法人全国野球振興会 事業報告書

事業の状況

1. 野球に関する指導者の養成
(1) 全国アマチュア野球指導者講習会の開催 (7,355千円)
    全日本アマチュア野球連盟に指導者登録された当会OB会員を派遣し、実技講習を実施
・ 実施会場 :  全国8会場
(北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中四国、九州)
・ 実施日程 :  札幌市(2/19)、仙台市(3/12)、さいたま市(2/19)、松本市(3/19)
鈴鹿市(1/29)、有田郡(2/5)、津山市(3/21)、宜野湾市(3/4)
・ 受講対象 :  アマチュア野球指導者
・ 受講者数 :  547名
・ 派遣講師 :  1会場あたり5名(責任者1名、実技指導者4名) 合計40名

 
(2) コーチング・クリニック・キャラバンの実施  (1,250千円)
プロ野球出身者の指導力向上を目的とした技術セミナーを実施
  ・実施会場 : 東京、大阪
・実施回数 : 12回(東京6回、大阪6回)
・受講者数 : のべ355名
・派遣講師 : 1回あたり1名
 
  (3) 青少年健全育成事業の実施 (57千円) ※(財)日本宝くじ協会助成事業
中学野球指導者ならびに選手向けのDVDを製作
  ・ 製作枚数 : 16,000枚
・ 配布対象 : 全国の中学校、教育委員会、野球団体他
 
(4) 野球指導者養成・認定制度整備事業の実施 (3,678千円)※文部科学省委嘱事業
プロ野球選手・OBが有する高度な技術や考え方を、アマチュアの選手・指導者に伝授する際に求められる指導者としての資質・能力を習得するためのしくみを整備
  1) 専門委員会を設置し、指導者としての資質・能力を習得するための指導者養成制度および、指導レベルを客観的に判定する認定制度を確立
・ 開催回数 : 1回
・ 開催日程 : 3月9日
 
2) 指導者養成プレ講座を開催
  ・ 開催回数 : 8回
・ 開催日程 : 2/12、2/19、2/26、3/5、3/12、3/19、3/20、3/21
・ 受講人数 : 31名
 
3) アマチュア野球の選手・指導者に対する技術指導講習会を開催
  ・ 開催回数 : 1回
・ 開催日程 : 3/27
 
  野球に関する技術指導
  (1) 第11回CALPISこどもの日全国少年野球教室の開催 (17,037千円)
プロ野球出身者を指導者として派遣し、実技指導を実施
  ・ 開催日    : 平成17年5月5日(木・祝)
・ 会場      : 47都道府県48会場(東京都のみ2会場)
・ 参加者数   : 12,237人
・ 派遣講師数 : 372人
 
(2) 各種少年野球教室の開催 (6,331千円)
行政、団体、企業等からの依頼により、各種野球教室や指導者講習会、審判講習会等の講師として当会OB会員を派遣。
  1) 一般野球教室
  ・ 主催 : 各地方団体、各野球連盟、企業・団体等
・ 実施回数 : 21回
・ 派遣人数 : 42名
 
  2) スポーツ選手ふれあい指導事業
  ・ 主催 : 各地方自治体
・ 後援 : 文部科学省、財団法人日本体育協会
・ 実施回数 : 15回
・ 派遣人数 : 15名
 
  3) プロ野球OB交流戦宇佐大会(対戦型)
  ・ 主催 : 日本プロ野球OBクラブ大分後援会
・ 実施回数 : 1回
・ 派遣人数 : 20名
 
2.プロアマ交流に資する各種行事の開催
  (1) 全国アマチュア野球指導者講習会  ※ 1−(1)参照
  (2) コーチング・クリニック・キャラバンの実施  ※ 1−(2)参照
 
3. 全日本野球会議その他野球に関する団体との連携協力
  (1) 全日本野球会議内の指導者講習会等の講師として当会OB会員を派遣(2,715千円)
1)野球指導者講習会(BCC)
    ・ 主催    : 全日本野球会議
・ 実施会場 : 全国3会場(大分市、西宮市、千葉市)
・ 実施日程 : 大分市(12/4)、西宮市(12/10、11)、千葉市(1/21)
・ 派遣講師 : 大分市(4名)、西宮市(9名)、千葉市(10名) 合計23名
 
  (2) 日本高等学校野球連盟関連事業への当会OB会員の派遣(6,861千円)
1)元プロ野球選手技術指導講習会
    ・ 主催    : 各都道府県高等学校野球連盟
・ 会場    : 10道県25会場
         (北海道、岩手、山梨、静岡、岐阜、和歌山、三重、兵庫、宮崎、鹿児島)
・ 派遣講師 : 1会場3〜5名(計78名)
 
.会報その他出版物の発行
  (1) 会報誌『OB NEWS』の発行 (1,008千円) 
    ・ 発行回数 : 2回(7月、12月)
・ 発行部数 : 各3,500部
 
  (2) ホームページの管理・運営(535千円)
5. その他目的達成のために必要な事業
  (1) 講演会への講師派遣 (10,923千円)
行政、団体、企業等からの依頼により、講演会の講師として当会OB会員を派遣
・ 主催    : 行政、団体、企業等
・ 内容    : 講師により異なる
・ 実施回数 : 19回
・ 派遣人数 : 19名
 
  (2) 肖像権使用事業の運営 (70千円)
    テレビゲームソフト、雑誌、新聞広告等への当会および当会OB会員の肖像権を貸与
 
  (3) 野球振興普及事業 (16,059千円)
    賛助会員、関係者、野球ファンとの交流の機会を提供
    1) チャリティーゴルフ
    ・ 実施回数 : 3回
・ 実施場所 : 兵庫県神戸市(3/14:北六甲カントリー倶楽部)
          千葉県長生郡(11/8:ゴールデンクロスカントリークラブ)
          福岡県嘉子穂郡(11/24:麻生飯塚ゴルフ倶楽部)
 
    2) 感謝の集い
    ・ 実施回数 : 2回
・ 実施場所 : 大阪府大阪市(ホテル阪急インターナショナル)
          東京都港区(高輪プリンスホテル)
 
  (4) プロ野球マスターズリーグへの運営協力 (509千円)
プロ野球マスターズリーグの監督・コーチ・選手・スタッフ等として、当会OB会員を派遣
    ・実施期間 : 平成16年10月28日〜平成17年1月22日
・実施場所 : 札幌ドーム、東京ドーム、ナゴヤドーム、大阪ドーム等
・試合数   : 20試合
・派遣人数 : 約200名(監督、コーチ、選手、審判)
・主催    : プロ野球マスターズリーグ委員会
 
  (5) 宝くじスポーツフェアへの運営協力 (53,506千円)
(財)自治総合センターからの依頼により、当会OB会員および事務局職員を派遣し、運営に協力
    ・ 主催 : 財団法人自治総合センター、開催自治体
・ 内容 : 「少年少女野球教室」「ドリームゲーム」
・ 実施会場 : 全国15会場
・ 実施日程 : 秋田県大仙市(5/7、8)、青森県青森市(6/25、26)
          北海道音更町(7/2、3)、北海道夕張市(7/9、10)
          岩手県東山町(7/23、24)、岡山県総社市(7/30、31)
          富山県小矢部市(8/6、7)、滋賀県草津市(8/20、21)
          島根県安来市(9/3、4)、大阪府大阪市(9/10、11)
          三重県伊賀市(10/1、2)、宮崎県日南市(10/22、23)
          埼玉県さいたま市(10/29、30)、群馬県伊勢崎市(11/19、20)
          沖縄県糸満市(11/26、27)
・ 派遣人数 : 1会場あたり 16名         合計240名
 
  (6) 物品販売 (0.8千円)
公認グラブの販売
 
  (7) 調査研究事業 (14千円)
プロ野球OBのキャリアサポートのしくみづくりに向けた調査研究を実施
   

1)キャリア設計に有効な情報を掲載した情報誌を発行

    ・ 発行日  : 12月
・ 発行部数 : 4,000部
・ 編集協力 : 社団法人日本野球機構、日本プロ野球選手会
・ 価 格  : 無償配布
・ 配布対象 : プロ野球OBおよび現役選手
 
    以上


閉じる | ▲このページのトップへ